理想のクライアント対応をする染谷修氏

今の建築業界は、クライアントに対する心遣いが足りていません。彼等の要望を応えるのが担当企業の仕事です。どの企業もしていると思われる話ですが、到底それを実践しているとはいえない企業がいるのは由々しき事態です。株式会社修和のクライアント対応を判断すると、条件をクリアしているどころか理想的な応対で調査するのがお恥ずかしいくらいの質の良さになっています。染谷修氏の経営方針で業務が上手く回っているのはいうまでもなく、彼の下で働く社員の仕事が絶賛に等しいものであるのが証明されています。決まりごととして、クライアントとなる個人や法人と契約内容に矛盾することがあってはなりません。ただ、現実では依頼主が契約違反を訴えでる案件が出ているのが誠に不安材料です。染谷修氏が精一杯賛辞される業務を行ったとしても、同業者が逆の対応していては業界の評価アップにはなりません。

本編では、株式会社修和の代表染谷修氏が、どうやってスマートなクライアント対応しているか中味を明かしていきます。最初に触れた通り、事を依頼する人々と施工企業の間には、偽りのない情報とお互いに納得する業務契約事項などを漏れなく確認する時間があります。建築構造の詳細を説明して、開始から完成まで何日計画で工事を行うかまでをはっきりと告知する義務が企業にあります。業務に支障が出て中断せざるを得なくなった時の対応までも、曖昧にせずに話してて実際に起きてしまったらすぐに整然たる処理をする責任があります。工事は数何ヶ月単位から数年単位までかかる仕事ですから、計画が狂ってしまうことは珍しくありません。作業に思いも寄らないズレが起きたからといって、いい加減な対応をするのは勿論言語道断です。都合の悪いことを隠してその場しのぎをしても、後に欠陥が発覚して損益を被るのは企業の方です。染谷修氏の関わった工事には、クライアントが法的に訴えるという事態はほとんど報告されていません。何故トラブルがないか言えば、染谷修氏が適切な方針を基に株式会社修和を運営させ、作業前に行うクライアントに対する説明責任を疎かにしないからです。計画通りにいかなくても、正直に伝えてクライアントを納得させています。変な偽装工作をしないからこそ、彼等との争いごとを避けられているのです。

近年では国民生活センターから施工企業に向けて、工事に狂いが発生した時に経済面などでの負担を増やさないようにする努めを求めています。株式会社修和の染谷修氏は、作業が芳しくない時は即座にクライアントとの話し合いを行い、双方の意思に隔たりがないことを確認して事態打開を試みています。本来ならそうあるべき現実になっていないのが課題として出てきている訳ですが、染谷修氏の理想的な対応を同業者が模倣すれば必要のない争いはなくなりクライアントにスマートで健全な関係を築ける企業が増えます。染谷修氏の時間は、建築業界に存在する諸悪の根源を断ち切ることに繋がるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ■農業男子、吉田泰昌です!!ちょっと...ゆっくりと自分語りをしたいと思いこんなページを作ってみまし…
  2. エス&ケイ(株)は和菓子製造を行っている会社とも取引があります。その会社は、創業100年以上になる歴…
  3. スタイルキープは自分だけの力ではなかなか続けられないものです。プロのメンテナンスを烏丸 エステで利用…
ページ上部へ戻る