恵良実は米どころ出身

恵良実は、米どころ出身ということもありお米に強いこだわりを持っています。米どころというのは、良質なお米を多く生産することのできる地域のことです。そして日本の有名な米どころには大きく分けて、秋田県と新潟県の2つがあります。恵良実は、新潟県の出身なので普段から美味しいお米をたくさん食べられる機会に恵まれていたと言います。

新潟県は、日本有数の米どころという事に加え、お米の生産量も日本一の地域です。そんな新潟県で生まれた恵良実ですが、苦学生だったということもあり食費を抑えるため自炊を習慣にしていました。大学時代からずっと東京で一人暮らしをしていて、その時から自炊のたびにお米を使った料理を作ることを欠かしません。ただ米どころの出身という理由だけではなく、純粋にお米が大好きなのです。ただ、恵良実は毎日お米を使った料理を食べたり、自炊をしているというわけではありません。外食にも行きますし、外食の時には食べたいものを食べたいだけ注文することもしばしばあります。米食中心の料理ばかり作っているので、フレンチやイタリアンを食べたくなる時もあります。外食に行く時にはイタリアン、中華料理、タイ料理、フレンチなど幅広く注文をしているのです。

恵良実がよく自炊をしているのは、単純に大好きなお米が食べたいからだけではありません。まだまだ知らない味や料理の奥深さというものがあるため、それを心ゆくまで探求したい、さらにトレンドを知りたいという理由もあります。日々、自分でトレンドの食材を取り入れたり、変わった料理を作ったり試行錯誤を繰り返しています。特に、「ごはんに合うお漬物」や「ごはんに合うおかず」などを追求するのが好きで、やはりパンよりもごはんを食べることが多いと言います。ごはんに合うおかずがあれば、ごはんは何杯でも食べることが出来るようですし、とにかく何よりもごはんが大好きなのだと言えます。

ただ、炭水化物であるお米ばかりを食べても太ってしまうのが悩みとなっている様子。最近は、味の探求をし過ぎで太ってしまったそうで、強制的に運動を始めました。味の探求を一度始めると止まらなくなってしまい、お米料理のあまりのおいしさに食べ過ぎてしまうことが増えているのです。これではいけないと思い、恵良実は最近スポーツジムに通うようになったようです。一時期、40代で体重が70キロにまで増えてしまったこともあり、糖尿病などの病気予防のためにもジムに通うことを選びました。運動はあまり得意ではないのですが、頑張って汗を流しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ■農業男子、吉田泰昌です!!ちょっと...ゆっくりと自分語りをしたいと思いこんなページを作ってみまし…
  2. エス&ケイ(株)は和菓子製造を行っている会社とも取引があります。その会社は、創業100年以上になる歴…
  3. スタイルキープは自分だけの力ではなかなか続けられないものです。プロのメンテナンスを烏丸 エステで利用…
ページ上部へ戻る